Cornershop by Uber logo-black

Cornershopは効果的なエリア別キャンペーンセットを用いてグローバルに規模を拡大

概要

Cornershop

Cornershopは、ラテンアメリカ最大の食料品配送アプリです。2015年にチリとメキシコで同時に設立され、現在はアメリカ、カナダ、コロンビア、ブラジル、ペルー、コスタリカなど、南北アメリカの8カ国で展開しています。

そして2020年7月、Cornershopは「日常生活の”OS”になる」というビジョンを掲げているUberに株式の過半数を売却しました。CornershopはFacebookと提携し、異なる地域内でのユーザー獲得を促進しています。

1 ゴール

カスタマイズされた広告で世界中にいる潜在顧客にアプローチ

グローバルな食料品配送サービスを提供するCornershopは数多くの食料品店とのパートナーシップを維持しながら、様々な場所や言語で特定のオーディエンスをターゲットにしなければならないという複雑な問題を抱えています。そのため、KPIを達成できるパフォーマンスを実現すべく複雑なキャンペーン設定に強く依存しています。Cornershopのカバレッジに基づいて、広告キャンペーンは都市レベルでターゲットを設定します。

Smartly.ioと提携する前、Cornershopはユーザーの位置に応じてメッセージをカスタマイズしたり、関連するスーパーマーケットを紹介したりするために異なる広告セットにターゲットオーディエンスを作成していました。これによりキャンペーンを設定することで、メッセージをカスタマイズすることが可能になりましたが、オーディエンスが小さすぎてコンバージョンを拡大できず、結果的に顧客獲得コストが増加するなど、パフォーマンスに悪影響を及ぼしていました。

2 解決策

Smartly.ioのセグメントアセットカスタマイぜーションによる地域に基づいたのキャンペーンの作成

CornershopはSmartly.ioと提携することで場所に応じた広告を作成し都市ごとに適切なメッセージを配信できるようになったため、より効率的にキャンペーンを設定できるようになりました。Smartly.ioのセグメントアセットカスタマイズ(SAC)機能を利用することで、カスタマイズとCACという重要なKPIを達成するためのキャンペーンをより効果的に設定することができるようになりました。SACは場所や店舗ごとに適切なクリエイティブをより多くの人を対象とした広告に集約することで、このような結果をもたらすことに成功しました。多くのユーザーに向けた広告配信の最適化が容易になり、SACはユーザーの現在地に基づいて適切なローカル店舗のクリエイティブを表示します。

Asset 8@2x

Smartly.ioのSAC機能により、より効率的にキャンペーンを設定し、場所に基づいた広告を作成、各都市に関連したメッセージを配信することができるようになりカスタマイズと顧客獲得コストなどの重要なKPIを達成することができました。今後もSmartly.ioの機能を試していきたいと思います。

Noorpreet Lehl, グローバルパフォーマンスマーケティングリーダー

3 結果

パーソナライズド広告と広告設定の簡略化による顧客獲得コストの削減

セグメントアセットカスタマイズ(SAC)を使い始めてから1ヶ月でCornershopは出稿費を17%拡大し、CACを79%削減することができました。アカウント設定がシンプルになったことで、Smartly.ioの自動化広告機能の1つである画像テンプレートを使って、場所に応じてメッセージをカスタマイズすることでパフォーマンス目標を達成することができました。


このような地域別ターゲティングが可能になったので、Cornershopはこのキャンペーンシステムを他の市場でも活用する予定です。

4

広告事例

Cornershop ads

 

その他の事例