uber-eats-logo-horizontal

混乱した市場に対するクリエイティブな対応法

Uber Eats

について

Uber Eatsは、世界中で展開しているオンラインフードデリバリーサービスです。Uber Eatsアプリは、ユーザーを近くにある数多くのレストランとつなぎ、ユーザーがいつでも好きな時に近くのお店のお気に入りのメニューから注文することを可能にしています。

1 概要

新しいクリエイティブの方向性を成功させる方法

コロナ禍で消費者の行動が変化する中、Uber Eatsのマーケティングチームは、状況に合わせて素早く広告のメッセージを対応するサポートを必要としていました。

Uber Eatsはコロナ禍において2つの対応を始めました。

  • 配達料無料で地元のレストランを支援
  • 置き配 - 非接触型の新しい配送

コミュニティを支援しようというメッセージを伝えるために、Uber Eatsは広告のトーンを誠実で率直なものに変え、パンデミックへの対応を強調しました。Uber Eatsを通じて顧客にサービスを提供し続けている様々なレストランを紹介しながら、数多くの国で、その国の言語を使った広告コピーで、新しいクリエイティブを制作する必要がありました。

限られたリソースでクリエイティブ戦略を転換

限られたリソースでクリエイティブ戦略を転換

パンデミックに対応するためにメッセージングをカスタマイズ

パンデミックに対応するためにメッセージングをカスタマイズ

複数の市場に向け、複数の言語で広告を量産

複数の市場に向け、複数の言語で広告を量産

結果

Smartly.ioのクリエイティブスタジオチームと共に、Uber Eatsは新しいクリエイティブ戦略を採用し、Facebook広告を5つの市場と3つの言語に拡大することに成功しました。 

+43%

CTR改善

 

+54%

ROAS改善

 

5

ヶ国に展開

 

2 解決策

コロナの状況に対応した新しいグローバルなクリエイティブの方向性

  • Uber Eatsと提携したSmartly.ioのクリエイティブスタジオは、新しい動画のコンセプトをデザインし、市場や言語への拡大を支援しました。 

Smartly.ioのクリエイティブスタジオチームは、Uber Eatsに対して以下の支援を行いました。

  • 「置き配」「配送料無料」の動画広告のバリエーションを複数作成し、ユーザーの目を引くようにエンドフレームを変えて様々な料理を紹介。
  • Facebook、Instagram、Snapchatのストーリーズとコレクションの両方で、9:16と1:1の両方のフォーマットのクリエイティブを作成。

その後、Uber EatsチームはSmartly.ioの動画制作ツールを使用して、ローカライズされたコピーと食べ物のオプションを変更した数百本のビデオを自動的に作成しました。

Asset 8@2x

「Smartly.ioは、クリエイティブのコロナ対応に追われていた社内のクリエイティブチームをきめ細かにサポートし、最高品質のクリエイティブを非常に迅速に制作してくれました。」

Uber パフォーマンスクリエイティブ最適化 マーケティングマネージャー メリー・モルド氏

4 具体例

モバイル広告のバリエーション

  • 広告 1
  • 広告 2

その他の事例